慢性的な身体の不調にオステオパシーという選択肢を

腰痛や頭痛などの慢性的な痛みや耳鳴りや身体のダルさ、眠気が取れない、手足が冷えるなど、季節問わず体には様々な不調が起こります。

簡単な運動や休息により、改善する場合は身体の治癒力が正常に働いているため問題ありません。

一方で薬を飲んで症状を抑え無理をしていたり、我慢してそのままにしている方は要注意です。

慢性的な身体の不調は、自律神経の乱れ、血液循環の低下、呼吸機能の低下を招き、大きな病気に繋がりかねません。

オステオパシーによる全身調整で、不調を改善しましょう!!

慢性的な不調にオステオパシーが有効な3つの理由

1、痛み、不調の原因となっている箇所に包括的にアプローチすることができる

慢性的な不調の一つ、腰痛を例えにしましょう。

腰痛一つにしても、痛みを出している組織(筋肉、筋膜、関節、靭帯など)は様々。

また腰痛になった原因(姿勢や外傷、怪我など)も様々。

これらを考慮して、痛みを出している組織と痛みを招いた原因をあわせて取り除かない限り、慢性的な腰痛は改善しません。

オステオパシーでは、カウンセリングと検査(立位、座位の姿勢、歩行などの動き、各関節や筋筋膜)を通して、痛みの原因と結果を解明し、オステオパシー手技においてこれらの問題を解決させていきます

2、自律神経系、血液.リンパ循環系、呼吸系など不調の改善に欠かせない機能へのアプローチができ

慢性的な不調、痛みには、必ずと言っていいほど自律神経のバランスの崩れや、血液リンパ循環不良、呼吸の浅さが見られます。  

痛み・不調のない健康な身体は、これらの機能(自律神経・血液リンパ液循環・呼吸機能)が正常に働き、身体を維持しています。

オステオパシーには、交感神経の興奮を抑えて自律神経のバランスを整え、身体の治癒力を高める手技

慢性的な筋肉の緊張による血液循環不良、筋膜の歪みや緊張によるリンパ循環不良を改善させる手技

呼吸機能を改善させる手技など、医学に基づいた手技アプローチがあり、慢性的な不調の改善に大変有効です

3、その人その症状にあわせて改善メニューをセルフメイドで提供することができる

慢性的な不調には、不調を維持している原因(姿勢や身体の使い方など)が必ずあります。

オステオパシー施術により、回復した身体の機能を維持していただくために、姿勢や身体の使い方、ストレッチや簡単な運動が必要になり、この姿勢や運動も、その人その症状により皆違います。

オステオパシーでは、その人その症状にあわせて必要な姿勢や運動を提案し、痛み・不調を自らの力でも改善、維持することができるようになる

 

以上、最後になりますがオステオパシーは、現在でも欧米を中心に医科大学にて日夜、研究と臨床が行われており、最新の医学に基づいて施術がおこなわれるよう、常にアップデートされております。

このようにオステオパシーには優れた点が多々あります。

なかなか改善しない不調をお持ちの方は、ぜひ一度お近くのオステオパシー施術院に相談してみてください

 

 

関連記事

  1. 【姿勢の授業】小学生にむけて姿勢の大切さを講義してきました

  2. 【動画】1日3set 血液循環を高めましょう

  3. 【姿勢の授業】 子供の姿勢についての講演会

  4. 【動画】リンパムーブメント リンパ循環を高めて、自己防衛しま…

  5. 【オステオパシー】急な身体の痛み・治療前にメモして伝えておき…

  6. 【動画】高齢者の方へ・下肢の筋力維持のため、椅子を使った運動…

PAGE TOP