ヨガのアサナで痛みがでる,すべての方へ

ヨガのアサナの際に痛みを抱えたまま, 練習を繰り返していませんか?

身体が柔軟になり、強くなれば改善すると信じて、我慢して練習していませんか?

そんな方は要注意です。

痛みや違和感の原因は多々あり、対処を誤ると、改善するどころか、長期にわたり痛みを抱えることになり、せっかく身体のため、心のために始めたヨガが苦痛になります

おまけに、”ヨガやってんのに、身体に悪そうじゃん”っと、家族にも言われかねない、

なんとも切なく由々しき事態に陥ります。

そんな事態を避けるために、痛み違和感がある人は、早めに身体の状態をチェックして、対処しましょう。

人は、遺伝と環境により、身体(姿勢)が形成され、そこに年齢や性別も加わります。

その身体を持って、ヨガを学ぶわけですから、特にアサナは要注意になります。

 

同じアサナでも、元の身体は違うわけですから、無理をすれば怪我につながります

本来のヨガのアサナでは痛めることはないとされているのですが、そこは現代と言うか人間ですから。

自己の観察を忘れ、無理して練習しすぎちゃうこともある。人間ですから。

その都度、早めに対処していきましょう。

ヨガは技術です。

ご自身の身体の状態を知り、無理をしなければ、身体にはとてもいいものです。

ヨガのアサナで痛めるなんて、ヨガじゃないなんていう論理はこの際、置いといて・・・・

痛みがある方は、我慢せず早めに対処することをお勧めします。。

オステオパシーでは、あなたの身体の状態に合わせた施術により、より快適にヨガが出来るようにお手伝いしていきます。

 

 

 

関連記事

  1. 【旅のお話~ポルトガル・スペイン編①】 鬼の石畳坂・リスボン…

PAGE TOP